2019年11月23日の午後、”淘宝大学(タオバオ大学)三亜EC人材トレーニングセンター”の開設式が中国海南島の三亜市にて挙行されました。阿里巴巴(Alibaba:アリババ)グループが作ったタオバオ大学が海南島まで拡大するに至りました。

_

タオバオ大学は、アリババグループの人材教育部門が、EC店舗で創業する人々のニーズに基づいて創設され、既に10年ほどの歴史があります。アリババグループ内外の人材資源を結集し、133カ国、1,000万人以上の受講者のために、オンラインとオフラインチャネルを準備し、主にアリババのプラットフォームの活用方法についての学びの場を提供しています。

https://daxue.taobao.com/

海南島分校では、旅行・レジャー関連や、農村向けなどの特徴を出すようで、毎年少なくとも延べ1,200人を教育・トレーニングしていくとしています。

タオバオ大学があるということ、皆さんご存知でしたか?日本人にももちろん受講する資格はあります。中国の楽園、海南島は三亜市でECについてじっくり学んでみるのも良いのではないでしょうか。