2019年11月29日腾讯(Tencent:テンセント)が85.2億元(約1,280億円)で深セン市宝安市の西郷街道の土地を購入しました。将来”インターネット+未来科学技術城”をここに建設する構想のようです。

_

土地の面積は80.9万平米、建築可能延床面積は200万平米に達します。第一期の開発にはカンファレンスセンター、ホテル、科学技術展示館、デジタル関連のコントロールセンター、学校教育施設、寄宿舎、スポーツセンター、トレーニングジム、公共交通機関のターミナルなどが含まれているそうで、地下鉄9号線も西側に延伸され、15号線も新設結合される予定です。