2019年1月時点での中国富豪ランキングが発表されました。中国の旧正月(春節)も元宵節を持って終わろうとしている中、文字通り“発財“を成し遂げた人びとの顔ぶれを見て、お祝いとしましょう。

_

第10位は呂志和で、総資産は155億ドル(世界ランキング67位)。13歳で商売を開始し、採掘業、ホテル業、カジノ業など多様化を極めた香港の富豪です。慈善家としても知られていて、2015年には12億ドルを寄付したと言われています。

_

第9位は劉銮雄で、総資産は160億ドル(世界ランキング64位)。香港株式市場の狙撃手として知られる株取引のプロであり、現在では4社の上場企業を保有しています。熱狂的な美術品等のコレクターであることも知られており、保有美術品の価値は10億ドルを超えるといわれています。

_

第8位は楊惠妍で、総資産は177億ドル(世界ランキング57位)。中国で最もお金持ちの女性であり、中国デベロッパー大手の碧桂園の57%の株式を保有しています。トップ10に入った唯一の女性でもあり、アジアナンバーワンの女性富豪と言って良いのではないでしょうか。

_

第7位は何亨健で、総資産は184億ドル(世界ランキング53位)。美的(Midea:ミディア、マイディア)グループの創始者であり、1968年に23人のスタッフと広州で製造ラインを開き、その後世界トップの家電メーカーの一つに成長させました。

_

第6位は王健林で、総資産は225億ドル(世界ランキング34位)。言わずと知れた大連万達(ワンダー)集団の創始者であり元首席。直近では「軽資産モデル」への転換を打ち出しており、2019年内に保有する不動産資産を全て売却することを宣言しています。

_

第5位は李兆基で、総資産は278億ドル(世界ランキング27位)。香港の大富豪李嘉誠(リ・カシン)の懐刀であり、リ・カシングループの4番目の男といわれています。貧困家庭から成り上がったと言われており、最も貧しかった頃は1ヶ月に2回しか肉を食べられなかったという逸話があります。

_

第4位は理嘉誠で、総資産は287億ドル(世界ランキング26位)。彼も知らない人はいないと思いますが、香港で最も影響力のあるビジネスマンの一人であることに異論はないでしょう。

_

第3位は許家印で、総資産は322億ドル(世界ランキング24位)。中国でも最大のデベロッパーの一つである恒大集団の董事長で、中国全土280都市に800を越えるプロジェクトを有しています。

_

第2位は馬雲で、総資産は333億ドル(世界ランキング21位)。言わずと知れたジャック・マーは、阿里巴巴(Alibaba:アリババ)グループの創始者であり、会長です。

_

映えある第1位は馬化騰で、総資産は346億ドル(世界ランキング20位)。皆さんご存じ、ポニー・マーです。騰訊(Tencent:テンセント)の創始者であり現在でも頂点に君臨するにも関わらず、中国人の間でも「謙虚」さが人気の男です。

_

皆さん、トップ10の中に知っている顔・名前はいくつあったでしょうか。トップのポニー・マーですら世界ランキングの20位というから、上には上がいるものですね。

_