脱税の嫌疑で一時当局に軟禁され日本でも大きな話題になった中国のトップ女優”範氷氷(ファン・ビンビン)”が北京に美容室を開業したのではないか、ということが話題になっています。世間の目を避けて隠遁していましたが、2018年の後半から再び表舞台に現れるようになってきた彼女の次の仕掛けはどのようなものでしょうか。

_

2019年3月27日に北京においてファン・ビンビンが経営する美容室を開業するという噂が流れました。実際に、彼女の実弟の範丞丞や親しい友人などによるテープカットが行われました。

この場にファン・ビンビンは現れませんでしたが、前日の26日に現場で撮影されたと思われる写真が流出し、その中で脱税事件以降世間に姿を現さなかった彼女が知人や著名な経営者とともに映る姿がインターネット上で拡散しました。

中国の美容室やエステでは一般的に会員カードを購入し、年会費を先に払うことで様々な割引を受けられることが少なくありません。その会員ランク別の年会費メニューが上記の写真です。最高額の”女王カード”はなんと年間100万元(約1,600万円)というから驚きです。

_

そして、事の顛末ですが、実はこのお店はファン・ビンビンの経営では無かったようです。実際には彼女についているスタイリストの張帥が開業したお店であり、ファン・ビンビンはあくまでも開業を応援してくれているとのことです。開業に際しての話題作りで、自らリークした可能性もありそうです。

_

いずれにせよ、再び表舞台に戻ってきつつあるファン・ビンビン。今後の動静にも注目ですね。中国人女性についての記事はこちらをご覧ください。

_