国立競技場と集団的自衛権の議論に徹底的に欠けているもの

 

sea

 

国立競技場の議論

以前のクレイジーだという意見が大半を占めた(笑)下記の記事でも書きましたが、大学卒業後のしばらくの間、僕はFC東京のクレイジーなサポーターでした。

僕と一緒にグルーヴを創りませんか?真剣にメンバー募集!

Jリーグは基本的に味の素スタジアム(当時”東京スタジアム”)で行われるホームゲームと、地方で開催されるアウェイゲームとが交互に開催されていましたが、ホームゲームは水曜日開催も含めて毎回、アウェイゲームは北海道だろうが九州だろうがほぼ毎回、トータルでほぼ全ゲーム見てました。また、FC東京、Jリーグを通して、J1の試合が無い時にはJ2やJFL(社会人)、大学リーグ・選手権、ユースの試合まで見てました。アホでした。

さて、FC東京は味スタだけでなく、時に国立競技場でのホームゲーム開催も行っていました。また、リーグカップやJ2やJFL、大学リーグ、天皇杯、トヨタカップでも国立競技場には本当に何度も何度も足を運びました。そして、僕は味スタと比べて圧倒的に国立競技場開催が好きでした。国立競技場は、スタジアムの傾斜はやや緩めですが、基本的にベンチシートで背もたれが無く、その意味で座席が流動的で、グルーヴ感が生まれやすかったのです。そして、何よりも東京のど真ん中で屋根も無いスタジアムの開放感は素晴らしいの一言だったからです。雨に濡れることもあれど、それはそれでいい思い出になります(ハードコアでしたから)。

今、代々木の東京体育館でフットサルをすることがありますが、今では隣にそびえ立っていた国立競技場は取り壊されており、何だか寂しい感じです。そして、今建て替え工事を巡って猛烈な反対運動が巻き起こっています。自分が見たものが全てではありませんが、僕はその反対意見は反対のための反対意見であって、スポーツや場合によってはスタジアム利用としての文化イベントについての考え方が欠けていると感じています。

  • オリンピックなんて辞退しろ!
  • 更地にして野原にしてしまえば?

という意見に自分はとても賛同できません。まるで、交通事故が多いから自動車を世の中から失くしてしまえ、という議論です。

オリンピック、スポーツ、文化イベントには意義があります。とても重要なのは子どもたちが夢と現実を、身体の素晴らしさを自ら学ぶことができるからです。Jリーグをずっと見ていた自分にとって、素晴らしいゲームは全ての基盤ですが、それを取り巻く外部環境は、スタジアムや交通手段、ゲームを取り巻くファンなど様々なステークホルダーが一体となって、素晴らしいグルーヴを生み出すことができると思っています。

負の側面だけ見ても建設的な妥協点は見いだせないと思います。

 

安保法案、戦争反対に関する議論

センシティブな話題ですが敢えて。戦争したい人などこの世の中にはいないと信じています。誰も戦争して人を殺したり、人に殺されたりしたくないですよね。しかし、国家や組織レベルで考えると”手段の一つとしての戦争”という概念は避けることはできません。

もう一つ、今戦争をすることに経済的なメリットって皆無ですよね。戦争をして破壊をした結果として起こりうる経済的損失(復興を考えても財源の問題が残りますし、何よりも環境的経済ロスが著しく高い)を考えると合理的に考えれば戦争をすることはアホです(もちろん、一部の非合理的社会によるテロの危険性は残り続けますが、だからこそそれに備える必要があります)。

反対意見もたくさんあることは分かっているのですが、戦争するかどうか、テロに直面するのかどうかという話は、日本一国だけで決めることはできません。利害が衝突する相手がいるということです。なぜ利害が衝突するかと言えば、究極の話、個人と個人、組織と組織というのは100%分かり合えるということなど無いからです。

利害を解消する手段はたくさんありますが、大きく分ければ2つです。

  • 経済的な駆け引きをする。
  • 軍事的な駆け引きをする。

「駆け引きばっかりで、それって人を信じていないんじゃないの?」と言われる方いらっしゃるかもしれません。何度もいいますが、僕の意見は、組織と組織が分かり合えることなんて無い、ましてや人と人とが分かり合える世界など無いということです。基本的に、そこは価値のやり取りであって、言わばビジネスです。極論すれば、

  • 周りの人に迷惑をかけない。
  • 話しあえば分かってもらえる。
  • 世間体があるので・・・。

という態度って、本質的なことから目をそらす嘘だと思っています。ポジティブに考えれば、相手に良いことをしていれば、自分の人生も良くなる、信じています。しかし、その”ポジティブ”や”良いこと”ということの中身です。それが、自己犠牲になりたっているのだとしたら、それこそ自分に対して失礼です。いずれ心が壊れます。もしくは、誰かの心やお金の犠牲になりたっているということです。

集団的自衛権を強要してきているのはアメリカです。日本はアメリカの軍事力に頼っています。もっと言いましょう、日本はアメリカの経済力や資源にも依存しています。ビジネスの世界で言えば、完全なる”実質支配”です。その状況下で戦争反対、安保反対、集団的自衛権反対と言ったところで、国家レベルのロジックは動きません。

日本が実質支配から逃れることは地政学上非常に難しいですが、一方で日本はアメリカと中国という、経済・軍事超大国と陸続きではなく、その中間地点に存在しています。そして、その両国に対して、軍事的・経済的バランスの中間地点にいます。僕は、日本が”国家”として存続する方法は、このバランスの中での舵取りを、経済的・軍事的にしっかりやっていくことしかないと思っています。

もう一つ、国が一番嫌がることって分かりますか?日本から富が海外に移転すること、もっと直接的に言えば税金が国に入らないことです。富というのは、付加価値を産む資産なので、人であり企業です。自分は日本という国家をある程度客観的に見られるのは、いつでも外に出られるからです。だから別に日本に依存しようとは思いませんし、利用できるところは利用したいと考えます。一方で、生み育ててくれた国ではあるので、日本のために何かしたいという思いはあります。突き詰めるとそれは日本という”国家”ではなく、日本に存在した自然や、僕と関わりのあった人たちのことです。

だから、自分は国家には期待しません。また戦争が起こるとも思いません。一方で、自分には軍事的な駆け引きはできませんが、経済的な駆け引きができるように、強くなりたいと常に思っています。富、付加価値を生み出し、それをベースにある意味、国家という概念や、人と駆け引きをしつつ、新しい希望を生み出していく社会づくりに貢献できれば良いと思っています。

アセアンへのODAで中国の新幹線を負かし富を作り出してフックをかけることと、AIIBとの関係性、そして中国との海洋軍事権の駆け引き、アメリカとの安保、沖縄問題は全て繋がっています。そして、それを解きほぐすことは容易ではありません。但し、日本が圧倒的に経済的に強くなり、軍事的にバランスの取れたボジションに位置することはとても重要なことなのです。

その一角で、何か創造的なインパクトを与えることができるくらい、それくらいのことをやり遂げなければ、ロジックを変えることはできないのです。反対意見だけではなく、対案とセットです。そして、その圧倒的な実行もセットです。

 

まとめ

何事にも表と裏があります。そして、表のことだけ見ていたとしても物事は動きません。表と裏にはメカニズムがあり、ロジックがあります。その全体像を議論せずに、表の一要素にだけ反応することはとても危うい行為だと思います。僕は、何かを創りだす行為が、それまでネガティブとされてきたものを包含して、より良い社会を有機的に機能させるという考え方が大好きです。なので、何か自分にとって嫌だなと思った場合、そのモノ・コトを革命的に変えていくアイデアを考えて、人を集めていくことが好きです。これが自分としての生き方です。

いろんなご意見あるかと思います。異論反論オブジェクションです。但し、反論には対案をセットで建設的に議論しましょう。ここだけで語り尽くすことは難しいので。コメントが沢山つくようでしたら、どこか公開の場で討論会でもやろうかなと思います。

 

中国の”今”を事実から伝えるメルマガ

[wysija_form id=”1″]