恥!中国で日本人が飛行機内で喫煙、公安当局に身柄を拘束

 

機内喫煙の韓さん、本当に日本人なのでしょうか?
機内喫煙をして発見された日本人

少し遡りますが、中国で起こった日本人のニュースにはやはり触れざるを得ません。2015年5月30日に深センから上海に向かう中国南方航空公司CZ3557の離陸が遅れ、乗客が機内待機を強いられていた中、1人の日本人が機内トイレの中で喫煙をしたことがフライトアテンダントによって発見され、上海浦東空港に着陸後、空港警察に連行されたことがかなり大きく報道されました。

 

同じ機内で待機を強いられていた韓さんという方の話では、この便は6時間の遅延の後で離陸をしたそうです。彼が1人の日本人とみられる乗客がトイレを出た後に、トイレを使用したところ、強烈なタバコの匂いがしたのを発見、機内安全に関わると思った彼はすぐにフライトアテンダントに報告、彼女が日本人に確認したところタバコと、本来持ち込みを規制されているライターを保有しており、本人も機内喫煙をしたことを認めたとのことです。

 

2015年6月6日18:57現在、ある媒体に寄せられたコメントは2,552件。その一部を抜粋して紹介し、記事を終わります。

 

  • 小日本は”資質が高い”んじゃなかったっけ?
  • 日本人でも中国にいるとこうなる。
  • ゴミ民族。
  • 糞犬ども。
  • 我々、天朝に使える中国民族は素質が高い。公共の場所ではタバコを吸わないし、赤信号では渡らない、痰もそこらに吐いたりしない、大声で騒がないからね(皮肉)。
  • ”素質”ってのは国に関係ない、個人の問題だ。
  • 日本人は外国で悪いことをした時に中国人を名乗るらしいよ。

 

編集後記

中国で働く友人のFacebookポストで第一報を知りましたが、その後、RSSで閲覧している中国の複数媒体で取り上げられていました。

 

ええと、一言、恥ずかしい。以上です。

 

勘弁してくれクソオヤジと思うメルマガ

[wysija_form id=”1″]