クロスボーダーM&A支援サービス

海外とのクロスボーダー案件に関して、インバウンド/アウトバウンドの双方についての戦略的意思決定の支援を行います。代表の寺村は、戦略コンサルティングファームにおいて10年以上、かつ海外における実務経験を持ち、イン/アウト双方の立場を理解した上で最適なソリューションの提案が可能です。特に、非常に難しいとされる中国との案件について、現地語ベースでクライアントに密着した形での支援が可能です。調査から戦略立案、M&A, 合弁オペレーション円滑化まで、バリューチェーンを一通りカバーした形で支援することが可能です。

 

クロスボーダー型経営コンサルティングサービス

海外への進出、海外における事業再拡大、海外企業とのパートナリングにおけるポストマージャーインテグレーションなど、現地の市場、企業の文化、価値観、考え方を理解した上で、日本企業にとって必要な戦略の立案と実行体制の担保、更にはマネジメント、オペレーションに必須となるダイバーシティ人材のご紹介も含めて支援します。

 

インバウンド事業PRサービス

今後急激に成長するインバウンドサービスについて、様々な形でのご支援が可能です。弊社の取締役の畑谷はインバウンド型のプロモーションについて精通しており、プランニングからクリエイティブ、イベントの運営、更にはそこで活用するITプラットフォームの選定、構築に至るまでトータルでの支援が可能です。東京五輪に向けた実績も兼ね備えています。

 

インバウンド型組織文化構築サービス

人口減少を迎える日本にとって外国からの人やお金を受け入れることでの経済・事業成長は必須です。しかし、日本企業、社会多様化した環境に十分対応することができず、様々な矛盾を抱えることになります。弊社では、海外での事業経験をベースとして、外国から人やお金をどう受け入れれば良いのかについて知見があります。その知見をクライアント様に、セミナーや勉強会、ワークショプなどの形で還元することができます。