オラクル(甲骨文)中国が1,000人近い人員のリストラ計画を発表しました。

_

突然の通達

2019年5月7日、オラクルの北京法人が午前中に会議を開き、招集されたスタッフは全て解雇対象となったことを伝えました。集められたスタッフは事前に内容を伝えられておらず、突然の通達でした。

_

今回のリストラ決定は、アメリカの本部の決定によるものであり、主に研究開発センターのスタッフが対象となっているとのこと。中国には約1,600人の同部門に所属するスタッフがいますが、そのうち900人もの人数が対象となりました。900人の内、500人は北京研究開発センターに所属するスタッフでした。

_

中国のリストラパッケージは”N+x”システム

あるスタッフによれば、解雇に対する補償は”N+6″、すなわち勤続年数に6を足した分の月数の給料分が退職金として支払われるとのことですが、若者には優しく、古株のスタッフには割安感が出やすいパッケージとなっています。現在会社側とスタッフが一対一で条件交渉を進めているとのことです。

_

リストラはグローバルレベルでの調整と說明

オラクルは連結で利益を出していますが、グローバルレベルでの人員調整を行っていることは事実で、ソフトウェア開発者についてのリストラを進めつつ、別分野の人材確保に動いているため、今回の決定もその流れを受けてもののと見られています。

_

かつて、シチズンが広州市において1,000人規模のリストラを行い様々なトラブルが起こりましたが、中国は進出よりも撤退が難しいのかもしれません。オラクル中国は高額なパッケージを充てることによってそれを回避しようとしています。

_