Lenovoが動いた! 現時点でアジア最大級のIPOが7月に

 

ロゴ1

2015年4月15日の夜、Lenovoグループの親会社である联想控股股份有限公司(以下:Legend Holdings)が香港証券取引所にIPOの申請を行ったことが分かりました。具体的な募集金額は明らかにされていませんが、15〜25億米ドルの間になると予想されており、成功すれば2015年の現時点でアジア最大のIPOのひとつとなるのは間違いありません。IPOは7月に予定されています。

 

Legend Holdingsの公式発表によると、彼らの収益は2012年に2,263億元(約5兆円弱)だったものが、2014年には2,895億元(約5.8張円)と13%増加。同期間に当期利益も22.9億元から41.6億元(約830億円)まで34.8%拡大しています。

 

当該会社は1984年中国科学院計算技術研究所が20万元(400万円)を投資し、柳伝志など11人の研究員によって設立され、傘下にはLenovoグループ(0992.HK)、君联資本、弘毅投資(Legend Capital)など多数の企業をぶら下げています。

 

グループ会社

 

爆上げの香港市場ですが、その時点での地合いはどうなっていますかね?いずれにせよ、楽しみな大型案件です。

 

関連記事

Lenovoの柳親子が激突:中国モバイル配車アプリ巨大M&Aの背景
LenovoがSuperfish問題で謝罪になっていないコメントを発表

[amazonjs asin=”4779501253″ locale=”JP” title=”柳傳志―聯想(レノボ)をつくった男”]

 

嘘だらけの中国メディアにドロップキックするメルマガ

[wysija_form id=”1″]