戦略コンサルティングサービス

  • HOME »
  • 戦略コンサルティングサービス

ラフチェック(無償、実費のみ)

弊社では業界別に、当該業界における日本企業が中国市場で競争力を持ち得るかどうかについて独自のデータと手法により判断をしております。更には当該業界の中国における競争環境についての情報をもとに、中国人のエキスパートとコミュニケーションをとることにより、先の判断についてのラフな検証を行うことが可能です。それぞれの会社さまが属する業界について上記の分析をかけることにより、費用をかけずに中国市場での可能性についてのラフな判断を行うことが可能です。→問い合わせフォーム

中国市場競争環境調査

まだ中国市場に本格的に進出をされておらず、これから進出をご検討されていらっしゃる企業さま。もしくは、すでに中国市場に進出はされているものの、一度戦略を見直すために足下の状況を把握しておきたいと考えていらっしゃる企業さまに向けたサービスです。弊社は中国のリサーチについて戦略的パートナーであるMIR社(→中国ネットワーク)と業務提携を行っており、戦略ファームのマネジメントによる質の高い市場環境調査と分析を、非常にリーズナブルなフィーで実行することが可能です。

戦略立案支援

大手戦略ファーム、投資銀行等で経験を積んだメンバーによる高い品質で、課題をかかえる企業さまの戦略立案を支援します。クロスボーダーでの戦略、特に中国・中華圏を絡めたグローバル戦略について得意としております。中国・中華圏における戦略構築で最も難しいのは、未知の市場において同じ方向を見て力強く歩んでくれる現地のパートナーを探すことです。弊社が持つ中国・中華圏における様々なレベルのネットワークと信頼関係(→中国ネットワーク)により、最適なパートナー候補を戦略構築の早い段階で当て込み、戦略に織り込むことによりその実効性を高めることが可能です。

戦略実行支援

良い戦略であったとしても実行されなければそれは絵に描いた餅となります。そのためには中国側が着実に効果的に戦略を実行できる体制、仕組み、人材を持っていることが重要であることは言うまでもありません。また、パートナー企業との業務提携もしくは合弁、もしくは中国・中華系資本によるM&Aの結果、一社の枠組みを超えた取り組みとなる場合には戦略の各レベルでのコミュニケーションを円滑に実施することが鍵となります。弊社は過去において、日中合弁企業のコンサルティングや、クロスボーダーPMI案件の実行支援などの経験を持つメンバーにより構成されており、その知見を活かすことで企業さまの価値の最大化を支援します。

中国・中華圏からの撤退支援

2010年に名目GDPで中国が日本を追い抜いた頃から「チャイナプラスワン」の動きが加速して久しくなりますが、日系大手メーカーの撤退に伴いその下請け中堅企業においても中国拠点を清算・撤退したいというご相談は引き続き多く寄せられております。
現実には、弁護士や会計士、コンサルタントなどの専門家の費用や撤退の実費は想像以上に高く、また、手続きには多くの時間を要します。特に、合弁企業の場合は撤退費用の負担割合の交渉など複雑性は高まる一方です。

具体的には以下の様な点でお困りではないでしょうか?

  • 専門家費用や撤退の実費を可能な限り抑えたい
  • 撤退時の家賃保証や納入先への供給責任などのビジネス上の取引を円滑に清算したい
  • 頑なな態度の合弁相手との交渉をできるだけ有利に進めたい
  • トラブルを最小限に抑えた形で解雇整理を進めたい
  • 清算ではなく持分の第三者への売却により実質的に撤退したい

我々は、今まで培った経験やノウハウをもとに、クライアント様の状況に合わせて、撤退のシナリオを柔軟にご提示し、弁護士や会計士などの専門家の効率的な活用や交渉のアドバイス、撤退プロジェクトの進捗管理など総合的なコンサルティングを提供しております。

お気軽にお問い合わせください

ニュースの種類

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © Groo Inc. | 株式会社グルー All Rights Reserved.